2017/11/04 16:00

【嵐山光三郎氏書評】信念でJR九州をやる気にさせた経営者

唐池恒二・著『新鉄客商売 本気になって何が悪い』
唐池恒二・著『新鉄客商売 本気になって何が悪い』

【書評】『新鉄客商売 本気になって何が悪い』/唐池恒二・著/PHP研究所/1700円+税

【評者】嵐山光三郎(作家)

 国鉄分割民営化がなされてから30年がたった。そのうちJR東日本、JR東海、JR西日本の業績は好調で本州三社と呼ばれたが、そのほかに「JR三島」という会社があった。「JR北海道」「JR四国」「JR九州」の三社のことをまとめてこう呼んだ。これは業界内での名称で、新幹線が走る「本州三社」は発足するとひたすら黒字を計上して優良企業への道をひた走るが「JR三島」は厳しい赤字経営状況にあった。

 国鉄に入社して、十年後「JR九州」へ行ったカライケ青年は「今にみておれ! 本州三社を見返してやる」という心意気で逆境から這いあがり、二〇一六年に「JR九州」を一部上場して完全民営化をはたした。

 これはその奮戦記で格闘史だ。並の会社立志伝とは違ってユーモアや自慢話のディテイルが痛快。57歳で社長となったカライケ親分は、麻生太郎元総理のしわがれ声をまねして、ドスをきかせつつよく通るバリトンより低い声で交渉の場に臨み、渾身の力をふりしぼって、九州新幹線全線開通をはたした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >