2017/11/05 16:00

【森永卓郎氏書評】リベラルが衰退するのは経済学に疎いから

山口真由・著『リベラルという病』
山口真由・著『リベラルという病』

【書評】『リベラルという病』/山口真由・著/新潮新書/760円+税

【評者】森永卓郎(経済アナリスト)

 挑発的なタイトルがつけられているが、中身は、リベラルと保守がどう違うのかをきちんと考えた本だ。私は、「保守」は自分のことしか考えない人のことで、「リベラル」は他人のことも気にするお節介だと考えてきた。だから、経済面で、保守は弱肉強食の市場原理主義、リベラルは平等主義を唱え、安全保障面では、保守は改憲、リベラルは護憲になる。

 日本の場合はそれでよいのだが、問題は、アメリカのリベラル、民主党がかなり好戦的だということだ。実際、北朝鮮に攻撃を仕掛けようとしたのは、クリントン政権の時だった。

 著者は、人間の理性を信じないのが保守、理性で何事もコントロールできると信じるのがリベラルだという整理をする。理性でコントロールできると思うから、リベラルは「間違っている」と思う他国まで、武力で正しい道を歩ませようとするというのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >