2017/11/02 07:00

血圧サージの危険因子 「朝」「寒さ」「月曜日」など

検査時の血圧が正常でも…
検査時の血圧が正常でも…

 英語で「波が押し寄せる」という意味である「サージ」を使用した新概念「血圧サージ」が医学界で注目を浴びている。血圧が正常値の範囲内にある人であっても、瞬間的に180mmHgほどまで急上昇することを指す血圧サージが、特に起こりやすいとされるのが「朝」だ。1948年から約5000人の患者を追跡した米国のフラミンガム研究でも、脳卒中が最も発症しやすい時間帯は午前8時から正午までの間とされている。東京都健康長寿医療センター顧問の桑島巖医師が説明する。

「人間の血管や内臓は自律神経によって調整されているが、その自律神経は心身を緊張・興奮させて活動的にする『交感神経』と、心身をリラックスさせて安静に導く『副交感神経』に分けられる。

 夜寝ている間は副交感神経優位で血圧は低く保たれていますが、朝に目が覚めると、体を活動的にするため交感神経が優位になる。すると体が緊張状態になって心拍数が上がり、血管が収縮して血圧が上昇します。このタイミングでさらに血圧を上昇させる要因が発生すると動脈硬化が急速に進む可能性がある」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >