2017/11/03 16:00

有料老人ホーム 入居一時金の保全措置取らぬ施設は全国264

一時金の保全措置を取っていない施設は少なくない
一時金の保全措置を取っていない施設は少なくない

 高齢化社会のいま、介護業界では近年、倒産や休廃業が急増している。東京商工リサーチによれば、2016年には老人福祉・介護事業の倒産件数は108件にのぼり、過去最多を更新した。

 倒産の原因には、介護報酬のマイナス改定や、資金調達力に劣る新規事業者の参入などが挙げられている。倒産の業種では訪問介護がもっとも多いが、有料老人ホームも例外ではない。

 今年7月14日には、札幌市を中心にグループホームや有料老人ホームなど23施設(居室数1600以上)を運営していた介護事業者「ほくおうサービス」(札幌)などグループ5社が、札幌地裁へ自己破産を申請した。その後、入居者は別の施設に移らざるを得なくなり、受け入れ側にも混乱が生じた。入居していたホームが倒産すると、金銭的な“損害”を被ることもある。

 倒産によって退去を余儀なくされた場合、施設に入る時に「家賃の前払い」という位置づけで支払った入居一時金の未償却部分については、入居者に返還されなければならない。ところが、それが戻ってこないことがあるのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >