2017/12/16 07:00

【川本三郎氏書評】ナチスと闘ったトーマス・マンに迫る

【書評】『闘う文豪とナチス・ドイツ』池内紀・著/中公新書/820円+税

【評者】川本三郎

 生まれ育った国が、自分の望む形とは違ってくる。国家権力は、国民の基本的人権を奪い、さらには体制批判する者を捕え、死へと追いやる。そうなったら亡命しかない。

 一九三三年にドイツでヒトラーが政権に就くと、ドイツ国内から多くのユダヤ人やリベラルな言論人、芸術家がアメリカなどに亡命していった。『ブッデンブローク家の人々』『魔の山』を書き、一九二九年、五十四歳でノーベル文学賞を受賞したトーマス・マンは、早くからナチスの台頭に危惧を抱いていた。ナチス批判を公けにした。

 ナチスがそれを見逃すわけがない。ヒトラー政権が成立するや、彼らは、たまたま国外講演旅行に出ていたマンの帰国を禁止した。ナチスを批判する人間は国民と認めない。マンは自発的ではなかったが、その後、戦争が終わるまで、長い亡命生活を余儀なくされる。

 本書は、亡命中のマンの苦しみを描き出す。愛する故国に帰れない。精神的苦痛は大きい。さらに生活の基盤を失なうから、経済的にも苦境に追いつめられる。生命の危険もある。亡命者の日常は心が安まることはなかったろう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >