2017/11/21 16:00

夫の不倫発覚 正義感の強い人ほど暴力的に怒りやすい

松居一代は船越の不倫・浮気に“松居劇場”で怒り爆発
松居一代は船越の不倫・浮気に“松居劇場”で怒り爆発

 怒りを感じる場面は日常のあらゆる瞬間に潜んでおり、実際にそんな「怒り」が傷害や殺人(未遂)事件に発展することも少なくない。そこで、多くの人がイラッとするであろうシーンを取り上げ、それぞれのシーンの要注意な怒りの“タイプ“を紹介。その対処法を日本アンガーマネジメント協会の安藤俊介代表理事に、解説してもらった(以下、「」は安藤氏のコメント)。

【シーンA】
 ベッキー(33才)の不倫が明るみに出た2016年から、芸能界では立て続けに不倫ニュースが報じられてきた。当然、“された”妻側の怒りは相当なもの。南果歩(53才)は、夫・渡辺謙(57才)の3年にわたる本気不倫に憔悴、いまだ許す気配を見せていない。松居一代(60才)は夫・船越英一郎(57才)の不倫・浮気を“松居劇場”でこれでもかと暴露した。

 夫に裏切られた時に失望し、怒りを感じるのは当然の感情。しかし、いつまでもその怒りにのみこまれるのは、マイナスでしかない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >