2017/11/23 16:00

【池内紀氏書評】短文と繊細で正確で美しい画の画文集

エドワード・ゴーリー・著/柴田元幸・訳『思い出した訪問』
エドワード・ゴーリー・著/柴田元幸・訳『思い出した訪問』

【書評】『思い出した訪問』/エドワード・ゴーリー・著/柴田元幸・訳/河出書房新社/1200円+税

【評者】池内紀(ドイツ文学者・エッセイスト)

 小さな画文集である。左ページに短い原文、右ページに画と短い訳文。そんなスタイルでエドワード・ゴーリー(一九二五~二〇〇〇)が日本にやってきた。柴田元幸の訳・紹介による。これで何冊目になるだろう。書棚の隅に小さな、たのしい文庫ができた。

「十一歳の夏、ドゥルシラは両親と外国に行った」

 船旅、長い階段、大きな黒い絵のある部屋、奇妙な料理……。そんなある日、両親が娘を置いてきぼりにして出かけてしまった。知人のお嬢さんが少女を連れ出して、宿屋「青蛙」へやってきた。そこへクレイグ氏が現われる。今は白ひげの老人だが、かつては華やかな生活があったらしい。

「みんなで座ってから、クレイグ氏が靴下をはいていないことにドゥルシラは気がついた」

 そのとき少女は老人に一つの約束をした。だが、少女なんてものは忘れっぽいのだ。何日かが過ぎ、何週間かが過ぎ、何カ月かが過ぎ、何年かが過ぎたある日、ふと昔の約束を思い出した──

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >