2017/11/26 07:00

【井上章一氏書評】作曲者が心血を注いだピアノ名曲を解説

イリーナ・メジューエワ著『ピアノの名曲 聴きどころ 弾きどころ』
イリーナ・メジューエワ著『ピアノの名曲 聴きどころ 弾きどころ』

【書評】『ピアノの名曲 聴きどころ 弾きどころ』/イリーナ・メジューエワ・著/講談社現代新書/900円+税

【評者】井上章一(国際日本文化研究センター教授)

 いわゆるクラシックのピアノ曲を解説してくれる本である。そうとうつっこんだ話になっているが、それでもわからないということはない。音楽の専門用語がにが手な人でも、読めば新たに見えてくるところは、あると思う。

 著者は、イリーナ・メジューエワ。今は日本に腰をすえて演奏活動をしているロシア人である。ピアニストである当人じしんが、文章を書いているわけではない。その語りを編集者たちが聞きとり、一冊にまとめている。ただ、ねんのため書くが、日本語はかなり達者な人である。私は彼女のトークを、京都のラジオで聞いたことがあり、その点はうけあえる。

 とりあげられる作曲家は、たとえばベートーヴェン、シューベルト、シューマンら。それぞれの有名どころと、作曲者が心血をそそいだ曲に、光があてられる。たとえばシューマンなら、まず「トロイメライ」。つづいて「クライスレリアーナ」というように。よく知っている曲が、先に解説されるので、つぎの本命読解もとっつきやすい。読み手のなじみやすさにも気をつかってくれる、ゆきとどいた編集である。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >