2017/11/29 16:00

身を滅ぼす“怒り”を鎮めるグーパー体操など4つのメソッド

怒りを鎮める4つのメソッド(写真/アフロ)
怒りを鎮める4つのメソッド(写真/アフロ)

「怒り」を表に出せば、人の恨みや反感を招き、最終的には自分の身を滅ぼしかねない。だが、こんな教えは理解しつつも人は「怒る生き物」であり、時に取り返しのつかない行動を取ってしまう。

「自分の『怒り癖』を自覚し、『アンガーマネジメント』すれば、今よりも生きやすくなるはず」と話すのは、日本アンガーマネジメント協会の安藤俊介代表理事だ。「アンガーマネジメント」とは、その名の通り、怒りの感情を自ら管理すること。

 安藤代表理事によれば、どんなタイプの人にも効果的なアンガーマネジメントのトレーニング方法があるという。その中から日常的に行える4つのメソッドを紹介。

◆深呼吸しながら6秒カウント

 怒りの感情のピークは6秒程度。その6秒をカウントしながらやり過ごすことができれば、反射的な怒りを避けられる。

 よりおすすめなのは深呼吸。まず大きく息を吐ききること。それから鼻から大きく4秒吸って、いったん呼吸を止め、口からゆっくり6秒吐ききる。自分の抱えている怒りが呼吸と一緒にスーッと出ていくのをイメージすると効果は絶大。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >