2017/12/01 07:00

「こたつ」や「電気カーペット」などに潜む思わぬ健康リスク

冬は体調管理が難しい
冬は体調管理が難しい

 1年で最も体調管理が難しい季節がやってきた。寒い冬はインフルエンザや風邪だけでなく、「ヒートショック」と呼ばれる脳疾患、心疾患のリスクとも隣り合わせだけに、さまざまな健康対策が実践されている。でも、もしかしたらその習慣、逆効果かもしれない。

 例えば、室内での温度管理には落とし穴がある。風邪を引き起こすウイルスは低温・乾燥状態で活性化するため、予防には体を冷やさないことが重要だ。しかし、冬によく使用される「こたつ」「電気カーペット」などの暖房機器には、思わぬリスクが潜んでいる。

『長生きするのはどっち?』の著者である医師・秋津壽男氏が指摘する。

「暖房機器のつけすぎは、室内の乾燥を招きやすい。外気が乾燥すると、知らないうちに呼気や皮膚などから水分が失われていく『不感蒸泄』といわれる現象が起こる。汗をかきやすい夏は自然と水分を補給するが、自覚症状のない冬は水分補給を怠りやすく脱水症状を起こしやすいのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >