2017/12/09 16:00

京急が鉄道ファンに人気の理由を「乗り鉄」社員が自己分析

重松氏が「乗り鉄」であることは社内ではあまり知られていないという
重松氏が「乗り鉄」であることは社内ではあまり知られていないという

 誰もが一度や二度は空想するのが、「趣味が仕事になったら……」という夢。「好きなことを仕事にすべき」「趣味は趣味、仕事は仕事に分けるべき」──正解はなかなか出しにくい問題だが、京浜急行電鉄に勤める重松祐一さん(49)は、仕事で鉄道に携わりつつ、プライベートでも全国の鉄道を乗りまくっている“乗り鉄”だ。すでに日本全国のJRおよび私鉄の全路線を乗り尽くしたという重松さんは、どのような経緯で京浜急行に入ったのか? 重松さんが語る。

「私は北関東出身なので、京急に乗ったことはありましたがそれほど身近なものではなく、『京急は速い』という程度のイメージでした。しかし前職でツアーコンダクターをしていた20代前半の頃、久里浜からフェリーに乗ろうとしていた時に車が故障して、電車で帰ることになり、車内で社員募集のポスターを発見。応募して京急に入りました」(重松さん。以下同)

 憧れに憧れて鉄道会社に入ったのかと思いきや、そんな偶然から京急に入社したという重松さん。鉄道ファンの間では、「鉄道会社は、鉄道マニアが入社しようとしても敬遠する」という“都市伝説”がある。現在、「京急ご案内センター 副センター長」という立場にある重松さんはどうだったのか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >