2017/12/12 16:00

うつになる人ならない人、症状の重い軽いはストレス耐性影響

うつになる人、ならない人の違いは?(写真/アフロ)
うつになる人、ならない人の違いは?(写真/アフロ)

「更年期の女性や高齢者は、うつになりやすい状況下にあるといえます」――こう語るのは、食事を中心に栄養や漢方を取り入れた治療・減薬を実践する精神科医・漢方医・認知症専門医で、近著に『ココロの不調回復 食べてうつぬけ ~鉄欠乏女子(テケジョ)を救え!~』(主婦の友社刊)がある山口病院・精神科部長の奥平智之さん。

「それでもうつになる人とならない人、症状が重い人と軽い人がいるのは、ストレスに強い体の土台ができているかどうかの違いです。これには年齢は関係ありません。

 そのためにも食生活を見直してみてください。まずは脳内ホルモンの産生やミトコンドリアでのエネルギー産生が上手く行くようたんぱく質、鉄、ビタミンB群、マグネシウムをしっかり摂りましょう。特に鉄欠乏を防ぐには、吸収率の高いヘム鉄が含まれる動物性たんぱく質の肉、魚はしっかりと。レバー、牛肉、馬肉、血合いの多いかつおやいわし、牡蠣などには鉄が豊富に含まれます。鉄は、ビタミンCやクエン酸と合わせて摂ると吸収率がアップ。レモンや梅干しなどを一緒に。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの考え方をハッキリ示そう。共鳴してくれる人が現れそう...もっと見る >