2017/12/11 16:00

【法律相談】芸能事務所の「男女交際禁止」は人権侵害か

アイドルの「男女交際禁止」契約の効力は
アイドルの「男女交際禁止」契約の効力は

 巷ではグループアイドルが大人気。テレビや雑誌で活躍するアイドルの中には、10代前半のメンバーもいるが、10代の若者が契約書の内容をすべて理解するのはなかなか難しいだろう。娘がプロダクションと交わした契約書の中身に納得できない場合はどうすればいいのか? 弁護士の竹下正己氏が回答する。

【相談】
 18歳になる娘のことで相談があります。娘がスカウトされ、ある芸能プロダクションの所属となりました。後日、専属契約書を確認したら5年間は男女交際禁止と明記されており、交際が発覚した場合、違約金を支払うとなっていました。この一項は人権侵害だと思いますし、法に触れるのではないでしょうか。

【回答】
 芸能プロダクションとの専属契約といっても、一概にはいえませんが、大抵はタレントとして養成・訓練し、一定の実力がつけば芸能界にデビューさせること(売り出し)。他に歌唱・演技・演奏等の芸能活動の場所や条件、CDなどの制作販売について管理し、その指示の下に行なわせ、他の事務所との契約を拒否する内容になっています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >