2017/12/15 07:00

高血圧予防 何を食べないかより「RAP食」が鍵になる

日々の食生活から改善するRAP食とは
日々の食生活から改善するRAP食とは

 高血圧の原因は塩分というのが多くの日本人が信じる定説だった。だが、いま、それを覆す新たな理論が注目を集めている。『脳梗塞・心筋梗塞は予知できる』の著者で、循環器に詳しい真島消化器クリニック院長の真島康雄医師は、こう解説する。

「高血圧をもたらすのは塩分ではなく、血管に溜まったプラークです。プラークとは脂肪の塊のことで、日本語では『粥腫(じゅくしゅ)』と呼ばれ、その名の通りお粥のようにドロドロしています。これが溜まって血管の内側が狭くなるから、そこを流れる血液の圧力が高まる。実にシンプルな理屈です」

 真島医師が唱えるように「塩分」ではなく「脂肪」を高血圧の原因とする考えに立てば、別の治療アプローチが選択肢として浮上してくる。

「脂肪の塊であるプラークが血管内を圧迫すれば、確実に高血圧になります。プラークは血管がカーブしたり分岐するところに溜まりやすく、専門の医師によるエコー(超音波検査)で確認できます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの考え方をハッキリ示そう。共鳴してくれる人が現れそう...もっと見る >