2018/01/01 16:00

骨転移した前立腺がんの新しい放射線治療薬「ゾーフィゴ」

前立腺がんの新しい放射線治療薬について解説する
前立腺がんの新しい放射線治療薬について解説する

 前立腺がんの新しい放射線治療として、骨転移した前立腺がんに向けた放射線医薬品ゾーフィゴ治療を紹介する。

 がんに対する放射線治療は、放射線トモセラピー治療などを使った体外から照射する外照射が主に行なわれているが、ゾーフィゴ治療は放射性物質入りの薬剤を静脈注射し、骨転移のがん細胞を攻撃する放射線内服療法だ。

 JCHO東京新宿メディカルセンター放射線治療科の黒崎弘正部長に話を聞いた。

「前立腺がんは肺がんと違い、ゆっくり進行することが多いので、骨転移したといっても短期間に命を落とすことはありません。とはいえ、今まで骨転移に有効な治療法が少なく、抗がん剤治療や外から放射線を照射し、痛みを緩和するくらいしかありませんでした。この放射線医薬品ゾーフィゴは、骨転移のがん病巣に集まり、放射線でがん細胞を破壊します」

 ゾーフィゴの主成分である塩化ラジウム223は、骨の成分であるカルシウムと同じように骨に集まりやすい性質がある。注射で体内に入ると代謝が活発な骨転移がん細胞に集中して運ばれ、α線という放射線を出す。α線はそれまで使われていたβ線に比べて約7000倍という高いエネルギーで強力にがん細胞を破壊する。しかもα線が届く距離は体内で0.1ミリメートル未満とごく短いため、正常細胞に影響を及ぼすことなくピンポイントでの治療が可能だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >