2018/01/15 16:00

102歳の現役画家は手塚治虫の先輩 引退を考えたことはない

アトリエでは必ずベレー帽をかぶる
アトリエでは必ずベレー帽をかぶる

「人生100年時代」とは、単にその年齢まで命を永らえさせることではない。大事なのは、100歳まで、そして100歳を超えたその後をどう生きるかだ。

 奈良県生駒市、娘が営む喫茶店の2階のアトリエ。ベレー帽を被った藤田剛士さん(102)は、自らが生み出した様々な作品に囲まれペンを動かす。

「歳は関係ないですね、僕の場合は。知らん間に100歳超えとったもんね」

 藤田さんは、漫画家、写真家を経て画家になった。傍にあるのは、縦1.45メートル、横1.12メートルの大きなキャンバス。カモメが飛ぶ鮮やかな青色の空を背景に悲しげな顔をした女性が白い布を体に巻いた姿を描いた油絵だ。インタビューの1か月前に完成したばかりの作品だという。

「題名は『去りゆく想い出』。若い時に撮った写真をネタにしてな。娘に尻叩かれながら書き上げた(笑い)。こんな歳とってる人がこんだけ好きなものを描くんだから、若い人たちも好きなことをやりなはれ、と思う」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >