2018/01/15 16:00

102歳の現役画家は手塚治虫の先輩 引退を考えたことはない

 終戦直後には関西児童漫画協会を結成し、故・手塚治虫さんとの交友もあったという。「漫画の神様」は藤田さんの後輩だったのだ。

「協会を作った途端、みんな忙しくなって、手塚はスケッチ旅行に1回参加しただけだった。単行本を出版したこともあるけど、僕は漫画で独り立ちできんかったから、紙芝居の原画を描いたり、新聞のイラスト画や4コマ漫画、喫茶店のメニューなど、なんでも描いた。

 40歳くらいで漫画を辞め、それから写真を20年くらい。写真では金銭的に相当苦労したよ。機材に金かかるし。嫁はんに頼んでカメラを買ってもらってね。でも苦労もあってかぎょうさん賞を貰いましてね。その縁で1982年には入江泰吉(仏像写真家。故人)らと一緒に奈良の東大寺大仏殿の撮影をしましたよ」

 60歳にして絵に転じ、62歳で昭和美術会で入選。100歳を超えてからは毎年特別賞を受賞している。昨年5月には弟子で粘土工芸作家の登羽華貴さんと「二人展」を開いた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >