2018/01/18 07:00

103歳の女性報道写真家 「デジタルカメラは使いにくい」

まだまだ写真への情熱は衰えない
まだまだ写真への情熱は衰えない

「人生100年時代」とは、単にその年齢まで命を永らえさせることではない。大事なのは、100歳まで、そして100歳を超えたその後をどう生きるかだ。

 神奈川県在住の笹本恒子さん(103)は、“日本初の女性報道写真家”として知られる。入居する老人ホームを仕事場に、カメラ片手に写真家として活動している。80年近く写真家として仕事を続けてこられたコツは「怠けること」だと笹本さんは言う。

「朝起きて、毎日毎日カメラのことを考えるのではなく、しばらく他のことをしていて、ひょこひょこっと撮ったりしてきました。

 若い頃は絵を描いたり、洋裁をやったり、フラワーデザインの本を出したりと、食べていくためにとにかく何でもやりました。でも、カメラはいつだって自分の側にありました。いろいろな仕事をしましたが、全部写真につながっていったんだと思います」

 写真を始めたのは25歳。アルバイトで挿絵を描いていた東京日日新聞(現・毎日新聞)の記者に誘われたのがきっかけだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >