2018/01/19 11:00

101歳の女性油絵画家 100歳を過ぎてなお「成長」を実感

作品ごとに全身全霊で取り組む
作品ごとに全身全霊で取り組む

「人生100年時代」とは、単にその年齢まで命を永らえさせることではない。大事なのは、100歳まで、そして100歳を超えたその後をどう生きるかだ。

 独自の色彩感覚でシルクロードを描き続けてきた洋画家の入江一子さん(101)。100号(全長1.6メートル)の大作『回想・四姑娘山の青いケシ』に挑む姿を追ったNHK『日曜美術館』(2017年6月18日放送)も大きな反響を呼んだ。

 自身の作品を展示した杉並区の「入江一子シルクロード記念館」をアトリエとして使っている。

「『青いケシ』を描くのに2か月以上かかりました。大きな絵を描く時は背の高さが足りないので苦労します。

 一度、脚立から落ちましてね。無事でよかったんですが、以後は気をつけています。年齢で技術的に衰えるということはありません。残念なのは体力ですが、それは気力でカバーします。それに絵を描けば描くほどかえって元気になっていく気がします」

 入江さんがシルクロードを描き始めたのは1969年のことだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >