2018/01/20 16:00

102歳の和菓子屋看板娘「店に出ないと心配されちゃうから」

接客歴は80年以上に及ぶ
接客歴は80年以上に及ぶ

 千葉県の成田市から電車で1時間ほど。千葉県香取郡ののどかな田園に囲まれた一角にある和菓子店『菓心あづき庵』。80年間店に立ち続ける「看板娘」が笑顔で接客をしてくれる。

「生まれは大正4年の2月14日、バレンタインデーなんです」

 そう言ってはにかむような笑顔を浮かべたのは、田谷きみさん(102)。今でも店頭に立ち続け、使い慣れたそろばんで会計などの接客をこなす。

「朝5時に起きて、7時半には店に来て商品ケースをきれいに磨いて、8時から店番。夕方になったら床にモップをかけて掃除します。

 店はお饅頭屋さんで修行してきた夫が、のれんを分けてもらって出したのよ。戦争中はお菓子を作る材料が手に入らなくなったので、ボールペンとか手拭いとか、食べ物だったらポン菓子とか何でも売り物にしました。その夫は戦中に34歳で亡くなりました。今は仕事は若い人にやってもらって逃げています。ふふふっ」

 現在は孫の田谷等さん(54)が3代目として菓子作りを担っている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >