2018/01/21 16:00

胃の切除を最小限に留められる低侵襲治療「CLEAN-NET」

胃の切除を最小限に抑えられる治療法を解説
胃の切除を最小限に抑えられる治療法を解説

 胃がんは内視鏡の進歩などで、早期での発見が約7割となっている。さらに大きな原因の一つであるピロリ菌の除去が広がっており、胃がんでの死亡率は減少傾向にある。

 胃がんの進行度合いは、がんがどこまで進行しているか、その深さで決まる。胃は粘膜と粘膜下層、固有筋層、漿膜下層、漿膜の5層の構造で、早期がんは粘膜か粘膜下層に留まっているものをいう。

 胃がん治療の第一選択は手術である。かつては開腹で胃を部分的、あるいは全摘していたが、治療法が進化し、内視鏡や腹腔鏡を利用することで、胃を極力残す技術が導入されている。

 上部消化器に対する画期的な治療法を次々開発している昭和大学江東豊洲病院消化器センターの井上晴洋センター長に話を聞いた。

「胃がんの手術は、腫瘍の発生した場所、がんの深さや大きさ、広がりなどによって異なります。治療法を選択するためには、手術前検査で胃の中のがんの広がりを正確に把握することが重要です。事前に拡大内視鏡観察を重点的に行ない、切除すべき範囲を見極め、正常な胃は極力残すようにしています」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >