2018/01/27 07:00

達人・金山一彦が教える炒飯レシピ キモは炒める時間の短縮

芸能界でもファンが多いという金山一彦の炒飯
芸能界でもファンが多いという金山一彦の炒飯

 家で作る中華料理の定番といえば炒飯だが、なかなか上手くパラパラにならないという人も多いはず。そこで、中華料理店でコックの経験があり、『金山一彦流 チャーハンの極意』(実業之日本社刊)の著書もある俳優の金山一彦さんに、おいしい炒飯の作り方を教えてもらった。

 金山さんが得意な中華料理の中でも、特に炒飯は芸能界にもファンが多いという。

「炒飯は短時間で全体に火を通すのが、おいしく仕上げるコツ。それを家庭でできるように考えたのが、“金山炒飯棒”です。ご飯がほぐしやすく、フライパンを振ったように具材がまんべんなく混ざります。これさえあれば、卵を入れてから3分ほどで完成。一見パラパラなのに噛むとご飯のしっとり感が残る、絶品炒飯に仕上がります」(金山さん)

基本の卵炒飯
■材料
長ねぎ(白い部分) 1/2本
卵 2個
ご飯 茶碗2杯分
サラダ油 大さじ1

[金山炒飯の素]
塩 2つまみ、こしょう 2ふり、酒・しょうゆ・和風だしの素 各小さじ1

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >