2018/01/31 11:00

誕生日知らせるSNS 社交辞令を受け取る側すら辟易

いつまでも祝う必要はない?
いつまでも祝う必要はない?

〈今日は○○さんの誕生日です。お祝いのメッセージを送りましょう〉──フェイスブックやLINEなどを開くと、登録している人の誕生日が通知される。しかし、大の大人が誕生日を祝ったり、祝われたりしたいものだろうか。

「フェイスブックをしているとしょっちゅう通知が表示されるけど、50過ぎたおっさん同士で、『お誕生日おめでとう』『ありがとう』なんて気持ち悪いよね。友人なら無視してもいいんだけど、相手が取引先のお偉いさんだとそうはいかない。みんなお祝いメッセージを送っているのに、自分も書かないわけにいかないでしょ」(流通業、57歳男性)

 送る側が面倒と思っているのと同様に、社交辞令のお祝いメッセージを大量に受け取る側も、実は辟易していたりする。

「親しい相手でなくても、一つ一つ返事をしなきゃいけなくなる。しかも、自分がもらった以上、相手の誕生日にはメッセージを送らなければという強迫観念も働く」(自営業、52歳男性)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >