2018/02/04 16:00

人気の電動アシスト自転車、事故リスク減らす方法を指南

森永氏は買い替えを検討中
森永氏は買い替えを検討中

 一度の踏み込みでグンと進み、楽々移動できる──街で電動アシスト自転車を見かけることが多くなった。それもそのはず。電動アシスト自転車の出荷台数は2016年までの5年間で39万台から57万台に増え、現在も市場の拡大が続いている。実はその背景にあるのが、50~60代のユーザーの増加だという。

 最近では「孫の保育園の送迎に使いたい」という高齢者もいるが、そんな人に適したタイプもある。

 例えば、ブリヂストンの『フロンティア』はチャイルドシートを取り付けられる。また車輪の直径が24~26インチと、一般の高齢者向けモデルより少し大きいタイヤを採用しており、スピードを維持しやすいので疲れにくいという。

 さらにこんな安全機能も備える。

「ブレーキをかけると、後輪に加えて自動的に前輪のモーターブレーキが作動します。少しの力ですぐに止まることができるので、握力が弱い方に支持されています」(ブリヂストン広報部)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >