2018/02/06 07:00

藤井聡太 羽生竜王との2.17決戦が「10代名人」の試金石

「ティーン名人」となるか(時事通信フォト)
「ティーン名人」となるか(時事通信フォト)

 2月17日の朝日杯準決勝で、羽生善治竜王(47)との公式戦初対局を控える15歳の天才棋士・藤井聡太──デビューからの連勝記録が途切れた後も大活躍が続く中で、とりわけ注目すべきは「順位戦での快進撃」とするのは、『藤井聡太 天才はいかに生まれたか』などの著書があるフリーライター・松本博文氏だ。

「順位戦は1年かけてリーグ戦形式で行なう棋戦で、プロ入り当初に所属するC級2組から最上位のA級まで5クラスに分かれている。どれだけ勝ち続けても1年に1クラスしか昇級できないのでA級到達まで最短でも5年かかる。

 2月1日の順位戦で勝利を収めた藤井さんは、C級2組から一期でのC級1組への昇級を決めた。仮にこのまま毎年昇級すると、19歳でA級に到達できる。A級の最高成績者は『名人』への挑戦権を得られるので、“10代名人・藤井聡太”が生まれる可能性がある」

 もちろん簡単な道ではない。中学生でプロ棋士となった羽生竜王や谷川浩司九段(55)、加藤一二三九段(78)でも「10代名人」は果たせず、名人位を獲得したのは羽生竜王が24歳、谷川九段が21歳(史上最年少記録)、加藤九段は42歳だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >