2018/02/06 07:00

糖尿病治療で処方されるSU剤は死に至ることもある薬

その薬、飲み続けて大丈夫?
その薬、飲み続けて大丈夫?

「医師の処方だから」と安心して飲んでいた薬が、実はあなたの身体を蝕んでいるとしたら──。名医が医療界の「不都合な真実」を明かす。

「糖尿病治療で広く処方されているのは、アマリール、オイグルコンといったSU剤ですが、高齢者は特に服用に気をつけていただきたい」

 そう警鐘を鳴らすのは、糖尿病専門の『にしだわたる糖尿病内科』院長・西田亙医師だ。

「SU剤は、血糖値を下げる効果が大きい反面、低血糖を引き起こす副作用も併せ持っています。低血糖はひどくなると昏睡状態に至り、そのまま放置すると最悪、不整脈を起こして死に至ることもある。高齢者が低血糖を起こして救急車で病院に搬送されたケースでは、医師から処方されたSU剤が原因で発症したケースが少なくありません」

 では、なぜそのような薬を、日本の医師の多くがいまだ使い続けているのか。「医師も患者も、“血糖値の高さ”ばかり気にする傾向があるからです。血糖値が下がり過ぎるリスクも考えなければなりません」と、西田医師は指摘する。

「私が処方する薬は『SGLT2阻害薬』が多い。約4年前に出た新薬ですが、インスリン分泌には作用しないので血糖値が下がり過ぎず、余分な糖分だけを排出する効能があります」

 SU剤を処方された場合は、医師に効果や副作用の説明を求め、不安な点があればSGLT2阻害薬などへの変更を求めるといいという。

※週刊ポスト2018年2月16・23日号

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >