2018/02/20 16:00

怒りを鎮めるにはグー・パー運動や口角を上げて笑顔が有効

アンガーマネジメント ファシリテーターの田辺有理子さん
アンガーマネジメント ファシリテーターの田辺有理子さん

 医療や子育て、ビジネスの分野でもアンガーマネジメント(怒りのコントロール法)が注目されている。一瞬の怒りが原因で人間関係が崩壊したり、犯罪者になってしまうこともある。そして、それは関係が深い家族とはいえ、いや家族だからこそ心地よい関係でいられる努力をしたい。特に自分が親の介護をする状態になった時にこそ心掛けたいものだ。

 日本アンガーマネジメント協会のファシリテーターとして介護職らの研修も行う田辺有理子さんに、そのテクニックを聞いた。アンガーマネジメントには発想の転換が大切だという。

「怒る原因や強度、許容範囲は、人によりさまざま。これは怒りの発信源が自分の価値観にあるからです。“こうあるべき”という自分の価値観は、自分にとっては当たり前のこと。そこへ自分の価値観と違うことが起きたり、認知症などで今までの価値観がひっくり返されるようなことが起きたりすると、怒りが湧きます。

 つまり怒りは、自分の大切な価値観を守るために起こる感情なのです。これをよく認識せずにいると、自分の中に怒りのもとがあるにもかかわらず、一方的に相手を責めてしまいます」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >