2018/02/22 16:00

電報の登場時、電柱に耳を当てて言葉を聞こうとする人が続出

海外技術をもとに国内製造されたデルビル磁石式壁掛電話機(写真提供/NTT技術史料館)
海外技術をもとに国内製造されたデルビル磁石式壁掛電話機(写真提供/NTT技術史料館)

 2018年は明治維新から150年。維新とともに文明開化が一気に押し寄せた明治時代には様々な発明品が生まれた。暮らしに密着した明治の発明品を紹介しよう。

●蚊取り線香
 明治23(1890)年、世界初の蚊取り線香を発明、発売したのは、和歌山県有田市(旧・有田郡山田原村)で家業のみかん園に従事していた上山英一郎。「金鳥」でお馴染みの大日本除虫菊の創業者だ。みかん輸出のために会社を設立した上山は明治18(1885)年、恩師・福沢諭吉の紹介で米国の植物会社社長H・E・アモアと面会。その縁で除虫菊の種子を譲り受けて栽培、研究を開始する。

 殺虫成分を含む除虫菊は当初、ノミ取り粉として利用されたが、仏壇線香に除虫菊粉を加えることを思いつき、蚊の駆除ができる商品化に成功。最初の蚊取り線香は棒状で長さ20cm、燃焼時間40分だった。その後、妻ゆきが渦巻型を着想。試行錯誤を経て、睡眠時間に合わせて燃焼が6時間続く、渦巻型蚊取り線香が明治35(1902)年に発売された。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >