2018/02/25 07:00

一発で「若者に嫌われるおっさん」になる3つの行為

嫌われるのを恐れるべきではない(写真:アフロ)
嫌われるのを恐れるべきではない(写真:アフロ)

 男子たるもの誇り高く生きたいものである。たとえ、一時的に嫌われたとしても、いつか感謝されるような言葉を残しておきたい。そう考える中年男性は少なくないだろう。コラムニストの石原壮一郎氏が指南する。

 * * *
 おっさんはおっさんなりに、今日もケナゲに一生懸命に生きています。職場の若者から白い目で見られたり呆れられたりすることも多々ありますが、くちばしの青いヒヨッコどもの評価なんて気にしている場合ではありません。

「嫌われたくない」と思ってビクビクしていたら毎日疲れるだけだし、若者を成長させるというおっさんとしての大切な役割を放棄することになります。そもそも、何をやっても嫌われるのがおっさんの宿命。ここはあえて「嫌われるおっさん」を目指すことで、心の平穏を保ちつつ、おっさんなりに胸を張れる生き方を模索しましょう。

 嫌われるおっさんになるには、若者に対して次の3つのことを実践すれば一発です。

その1「考え違いや甘えた了見に対しては、きっちりダメ出しをする」
その2「今の常識と昔の常識の違いを感じたときは、疑問をぶつける」
その3「嫌な顔をされても気にしないで、どんどん食事やお酒に誘う」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >