2018/03/03 16:00

【嵐山光三郎氏書評】シーナ節の解説が写真をより味わい深く

椎名誠・著『犬から聞いた話をしよう』
椎名誠・著『犬から聞いた話をしよう』

【書評】『犬から聞いた話をしよう』/椎名誠・著/新潮社/1800円+税

【評者】嵐山光三郎(作家)

 椎名誠が旅さきで出会った犬の写真集。犬はどこの国でも人間のそばにいるのが嬉しいようだが、この本には「旅する犬」も登場します。ネパールの高原の下をトコトコ歩いているのは「一匹犬」で、悠然と構えつつも孤愁が漂い、なんだか椎名誠に似ている。

 モンゴルの遊牧民と暮らす犬は限りなく狼に近いが、子らと仲がよく、家族の一員だ。チベットの標高四五〇〇メートルのところで大きな黒犬と人がやってきた。その人の飼い犬というわけではなくいつのまにかつれだって歩いているだけだ。

 どこまでもつづく荒地には、家も自動車も人影もなく、帽子をかぶった人間から三メートルほど離れて黒犬がいる。キャプション(写真の説明)に「ニンゲンにしても犬にしても旅は道づれがいいんだなあとあらためて感じた」とある。

 どの写真にも著者による解説があり、一枚の写真をすみからすみまでなめまわすように見てしまう。『犬から聞いた話をしよう』というタイトルは、椎名氏が犬語をしゃべるウルトラ能力があることを示している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >