2018/02/27 07:00

マンション管理組合の闇 理事長の横領や癒着が表に出ない訳

管理組合は数億円規模の修繕工事も計画しなければならない
管理組合は数億円規模の修繕工事も計画しなければならない

 マンションを購入した場合、長年にわたって快適なマンションライフを送れるかどうかは、管理組合の“秩序”にかかっているといっても過言ではない。「ウチは仕事が忙しいから…」と人任せにしていたら大変なことになる。住民の中から選ばれた管理組合の理事長がコツコツ貯めた修繕積立費をネコババしていた──なんて話は決して珍しくない。住宅ジャーナリストの榊淳司氏が、マンション管理組合の「闇」に迫る。

 * * *
 多くの人はマンション購入をマイホーム戦略のゴールだと考えている。しかし、それは間違っている。実のところ、マンション購入と引渡し・入居はマイホーム戦略の第2歩くらいのところにある。そしてゴールはまだまだ先だ。

 ゴールが5歩先にあるのか10歩先なのかは分からない。あるいは、そこで一生を終えるなら人生の果てまでも続く。ただ、購入したマンションを売却してしまえば、その時点でひと区切りとなる。

 新築でも中古でも分譲マンションを購入することは、管理組合の一員となってその共同体の運営に参加することに他ならない。多くの人は「管理は管理会社の仕事」だと思っている。そのために毎月管理費を払っているのだ。確かにその通り。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >