2018/03/11 16:00

【与那原恵氏書評】ユーモラスに語られる生命の営み

『英国王立園芸協会とたのしむ 植物のふしぎ』/ガイ・バーター・著/北綾子・訳
『英国王立園芸協会とたのしむ 植物のふしぎ』/ガイ・バーター・著/北綾子・訳

【書評】『英国王立園芸協会とたのしむ 植物のふしぎ』/ガイ・バーター・著/北綾子・訳/河出書房新社/2200円+税

【評者】与那原恵(ノンフィクションライター)

 花や木、果物や野菜などの植物や、鳥や地中の生き物たちまで、美しい図版がたっぷりおさめられていて、ページをめくっているだけでも楽しい本である。

 著者は、一八〇四年創立という英国王立園芸協会の園芸チーフアドバイザーだ。本書は、植物が好きな人、植物を育てている人がふと疑問に思うような約百三十の事柄をわかりやすく説明してくれる。とはいえ、単なる園芸法指南ではなく、さまざまな生命の営みを愛情込めて見つめ、ユーモラスに語っているのが本書の魅力だ。

 自然とは、本来、弱肉強食の世界である。植物たちはライバルを蹴落とし、繁殖に成功して子孫を残すための熾烈な戦いを繰り返している。生き残るためには手段を選ばず、情け容赦なくふるまうというのだが、読むうちに人間たちの世界を語っているようにも思えてくる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >