2018/04/29 07:00

明治維新の真相 江戸っ子は幕府軍の勝利を信じていた

戊辰戦争の錦絵。中央の二人は左が明治天皇、右が徳川慶喜
戊辰戦争の錦絵。中央の二人は左が明治天皇、右が徳川慶喜

 明治維新から今年で150年。著書に『明治維新という幻想』がある森田健司氏がこれまでタブーとされてきた歴史の真実を暴く。

 * * *
 戊辰戦争期の江戸庶民の胸中を知るには、当時発行された「諷刺錦絵」を調べるのが一番である。作者が文字や絵にある意味を隠し、それを当てられるようにした絵を「判じ絵」と言うが、戊辰戦争期には、判じ絵として描かれた諷刺錦絵が数多く発行された。

 ここでは諷刺錦絵「妖狐伝」を見てみよう。

 発行時期は明示されていないものの、戊辰戦争の錦絵であることと、描かれた内容から、慶応4年(1868年)の4月頃に作られたものと推察できる。

 絵の内容は、中央の二人が囲碁で勝負しており、その周りで左右両陣営四人ずつが、各々言葉を発しているというものである。中央の二人は、左が明治天皇、右が慶喜である。慶喜は唐人(架空の異国人)の格好をしているが、これは慶喜が外国の公使と親しく交際していたからである。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >