2018/03/19 07:00

電動アシスト自転車 シニア層へのおすすめは“小径車”

自分に合う電動アシスト自転車の見つけ方は?
自分に合う電動アシスト自転車の見つけ方は?

 登場から四半世紀が経ち、その機能と安全性がかなり進化した電動アシスト自転車。軽くて、オシャレで、乗りやすいというのが当たり前になっている。

 魅力的な商品がたくさんあるからこそ、いざ買おうと思うと、どれがいいのか迷ってしまう──。車体の軽さ? タイヤのサイズ? デザイン? バッテリー? 特にシニア層は、どんなことを基準に選べばいいのだろうか。自転車ジャーナリストで「自転車の安全利用促進委員会」メンバーの遠藤まさ子さんは「オススメはやはり小径車」と言う。

「小径車とは、最近増えてきているタイヤが小さめのモデルです。車輪が小さいぶん、少し車体が軽くなりますし、またぎやすい。車輪が大きいとペダルの位置はどうしても高くなりがちですが、車輪が小さいことで低くしやすいんです。身長がある程度あっても、加齢とともに足の上げ下げ、膝の上げ下げが若い頃の感覚とは違ってきます。そうした体の変化に対応しているのが小径車です。ただし、身長が高かったり、大柄だったりすると、小径車では操作がしづらく逆にバランスがとりづらいこともあります。実際に試乗してみることが大切です」(遠藤さん、以下「」内同)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >