2018/03/26 16:00

【法律相談】裏山が土砂崩れ。山の所有者が複数だったら?

土砂崩れの賠償はどこに求めれば良いのか
土砂崩れの賠償はどこに求めれば良いのか

 台風やゲリラ豪雨などで恐ろしいのが土砂崩れ。これが発生すると、家屋の消失のみならず人命の危機にも晒される事態に陥るが、自宅の裏山で土砂崩れが発生し、山の所有者が複数いる場合、誰に賠償を求めれば良いのか? 弁護士の竹下正己氏が回答する。

【相談】
 台風により、裏山が土砂崩れを起こし、現在も自宅の庭に土砂が流れ込んでいます。迅速に撤去作業を進めたいのですが、山の所有者が8人もいて、5人しか連絡が取れていません。自治体も全員の了承がなければ動きようがないとのこと。この場合、誰に賠償を求めながら、撤去作業を進めればよいですか。

【回答】
 自然の山が崩れた場合、原則として崩れたことによる損害の賠償を求めることはできません。ただし、山の持ち主がもともと所有していた土砂が他人の土地を占拠すれば、その他人は所有権に基づく妨害排除請求として、土砂の所有者に対し、土砂の搬出を要求できます。搬出しなければ不法行為であり、合理的方法で除去し、費用を損害として賠償請求できます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >