2018/03/31 16:00

「女性医師が担当なら死亡率が下がる」──異色論文の根拠

女医さんが担当だったら喜ぶべし
女医さんが担当だったら喜ぶべし

「長生きしたければ、いい医者を見つけよ」という意見に反対する人はいないはず。では、その“いい医者”の条件とはなんだろうか。

 世界の医学者が注目する論文がある。論文名は『男性医師と女性医師のメディケア患者治療における病院死亡率と再入院率の比較』。「男性医師より女性医師が治療を担当したほうが、入院患者の死亡率や再入院率が低い」という内容だ。

 この論文は、科学論文を評価する英調査会社である「オルトメトリック」が毎年公表している論文の影響力ランキングで、世界第3位(2017年)にランクされた。

「オルトメトリック社は、世界的に権威のある英科学誌『ネイチャー』のグループ会社。ニューヨーク・タイムスなど一般紙からツイッターまで、メディアやSNSでの引用状況をもとに論文の影響力を評価している。医療関係者はもとより、一般社会にも大きなインパクトを与えた、という評価です」(医療経済ジャーナリストの室井一辰氏)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >