2018/03/28 16:00

カーリング「そだね~」は副交感神経を刺激し緊張の緩和に

諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師
諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師

 プレッシャーがありながら、最高のパフォーマンスを発揮するにはどうしたらよいのか──。諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が、平昌オリンピック・パラリンピックで活躍した日本選手たち、とくに銅メダルを獲得した女子カーリングチームの活躍ぶりから、ストレスや緊張を味方につけるコツについて考察した。

 * * *
 平昌オリンピック、パラリンピックが閉幕し、アスリートたちのドラマとパフォーマンスに感動する日々が終わった。

 勝敗は残酷だ。一瞬で決着がついてしまう。そのプレッシャーに耐えながら、最高のパフォーマンスを披露しようとする選手たちの姿には本当に胸を打たれる。

 いったい、どうやって、プレッシャーや緊張に打ち克とうとしているのか。今回はノルアドレナリンという物質に注目してみよう。

 ノルアドレナリンはカテコールアミンという化学物質の仲間で、神経伝達物質やホルモンとして働く。この物質が分泌されると覚醒作用により、心拍数や血圧の上昇が起き、注意力、集中力、判断力、作業効率などが高まる。精神に作用して、やる気や意欲も出てくる。危機と戦ったり、敵から逃げたりするために、自分で自分に気合いを入れるのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >