2018/03/31 16:00

【池内紀氏書評】泉鏡花作品の挿絵の美人画のモデルは?

『小村雪岱随筆集』/小村雪岱・著 真田幸治・編
『小村雪岱随筆集』/小村雪岱・著 真田幸治・編

【書評】『小村雪岱随筆集』/小村雪岱・著 真田幸治・編/幻戯書房/3500円+税

【評者】池内紀(ドイツ文学者・エッセイスト)

 小村雪岱(一八八七-一九四〇)は大正から昭和初期にかけて、挿絵の世界で活躍した。とりわけ泉鏡花とのコンビは有名で、小説は忘れても、挿絵は覚えている人が少なからずいたにちがいない。

 かねがねフシギに思っていた。雪岱の生み出した、女たちの特徴である。細おもて、細い首、細い胴、胸をもたず、腰をもたず、腿をもたず、一本の棒木に着物を着せかけたようなのだ。それでいてこよなく美しく、十分に艶めかしく、男はきっと惑わされる。こんな女を画家はいったい、どうやって生み出したのか。

「私は挿絵を画きますのに、未だモデルを使つたことはありません」

 もともとは東京美術学校(現・東京芸大)で下村観山や松岡映丘にきびしく鍛えられた日本画家である。挿絵においても独自の考えをもっていた。モデルを使わず、写生もしない。描きたいと思う女は自分の内部にある。記憶であって、「一口にいへば私の心象です」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >