2018/04/05 07:00

突然死招く「くも膜下出血」 小さな自覚症状サインも要注意

くも膜下出血には小さなサインあり(写真はイメージ)
くも膜下出血には小さなサインあり(写真はイメージ)

 病気の早期発見を可能にする最新医療検査がさまざま登場しているが、自分に必要な検査が何かを見定めるには、「自分の体から発せられるサインに耳をかたむけること」が必要である。

 例えば、ハンマーで殴られたような激しい頭痛や、意識がもうろうとするといった意識障害が主な症状として知られる“くも膜下出血”。突然死を招く病気の代表格だが、実は小さなサインがある。

「くも膜下出血で脳動脈瘤からわずかに血液が漏れる『マイナーリーク(微小出血)』が発生すると、“頭痛と吐き気”が生じます。ムカムカする痛みで、吐き気があるが鼻水や咳、熱といった風邪特有の症状はないのが特徴です」(くどうちあき脳神経外科クリニック理事長の工藤千秋医師)

 こうした症状がある場合に適しているのは、MRI検査の一種である「T2スターMRI」だ。

「脳内のヘモグロビンなど微小な出血成分を検出する撮影方法で、従来は発見困難だったマイナーリークを見つけることができる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >