2018/04/14 16:00

「日本史ブーム」を支える若手研究者の活躍の背景

歴史本も続々登場している
歴史本も続々登場している

「城めぐり」、「御朱印集め」、「日本刀」……ここ数年、日本史ブームが様々な形で起こっている。最近は、メジャーな武将が登場しない「応仁の乱」を描いた新書がベストセラーとなるなど日本史ブームは深化しつつある。

 テレビや出版界では「歴史もの」が花盛りだ。NHKでは『歴史秘話ヒストリア』(総合)、『知恵泉(ちえいず)』(Eテレ)、『英雄たちの選択』、『偉人たちの健康診断』(いずれもBSプレミアム)がレギュラー放送され、民放でも特番などで日本史が取り上げられることが多い。

 出版界に目を移すと、2017年には日本史学者の呉座勇一氏による『応仁の乱』(中公新書。刊行は2016年)がベストセラーになった。これまでは戦国時代や幕末維新の時代の人気が高かったが、“地味な歴史”を描いた作品にも読者の関心が集まっている。

 こうした歴史ブームを支えているのが、若手の歴史研究者たちだ。『応仁の乱』の呉座氏は1980年生まれで、現在30代の若手研究者。わかりやすく歴史の面白さを伝えてくれる書き手の一人だ。同じように、歴史家・磯田道史氏(47)の『日本史の内幕』(中公新書)や、日本中世史が専門の本郷和人氏(57)による『日本史のツボ』(文春新書)なども、広く読まれている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >