2018/04/12 16:00

“かかと落とし”が骨を刺激、ホルモン増加し病気を予防

「オステオカルシンは、骨から分泌されて膵臓に届くと、膵臓内にあるランゲルハンス島β細胞を増殖させ、血糖値を下げるはたらきのあるインスリンの分泌量を増加させます。また小腸に届くと、同じくインスリンの分泌を促すホルモンであるインクレチンの分泌量を増やします。オステオカルシンの濃度が低い人は、糖尿病診断の指標として用いる『ヘモグロビンA1c』の数値が高いケースが多いことも分かっています」(同前)

 オステオカルシンのはたらきはそれだけにとどまらず、脂肪細胞から出るホルモンで、インスリンに対する感受性を高めて血糖値の改善を促す作用をもつ「アディポネクチン」の分泌も促す効果がある。糖尿病を予防するうえでも、このオステオカルシンが鍵を握っているわけだ。

 また、アディポネクチンは“長寿ホルモン”とも呼ばれ、動脈硬化や脂質異常症のリスクを抑制する効果があることが分かっている。動脈硬化を防げれば、その先にある心筋梗塞や脳卒中などのリスクを下げることも期待できる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

テンション高く過ごせる日。遊びに仕事に全力投球。未体験の出...もっと見る >