2018/04/13 07:00

母がダイナマイト心中の編集者・末井昭氏 不幸は伝説の始まり

”伝説の編集者”とも呼ばれる末井昭氏(撮影:喜多村みか)
”伝説の編集者”とも呼ばれる末井昭氏(撮影:喜多村みか)

 母親のダイナマイト心中、雑誌の度重なる発禁、借金地獄、不祥事発覚に伴う退社……。地獄に何度落ちても、なぜ男は柔和に飄々と生き続けられるのか。最盛期の発行部数が35万部の『写真時代』、90万部の『パチンコ必勝ガイド』などを創刊したことで知られる“伝説の編集者”末井昭(69)の自伝を原作とした映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』が公開中だ。

「話をいただいた時、まさかと思いました。僕なんかの原作でヒットするわけがない。できるものならやってみろと(笑い)」

 末井役に柄本佑、母役に尾野真千子、妻役に前田敦子という豪華キャストが並び、劇中ではアラーキーこと写真家・荒木経惟、クマさんこと芸術家・篠原勝之など、著名人の若かりし日の姿も描かれている。

 バスも通らない岡山県和気郡に生まれた末井が小学1年生の時、肺結核を抱えていた母親が隣家に住む10歳年下の男とダイナマイト心中を図った。

「子供の頃、その出来事はずっと心の中に留めておきました。人に話しても同情されるだけの気がして。でも、デザイナー学校に入って表現する立場になると、誰も体験してないことだから『自分は選ばれた人間だ』という傲慢な気持ちが生まれ、友人に何度も同じ話をするようになりました」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >