2018/04/14 16:00

山田詠美氏が抱く、芥川受賞者に対する本音とは

最新エッセイ『吉祥寺デイズ』が話題の山田詠美さん
最新エッセイ『吉祥寺デイズ』が話題の山田詠美さん

〈だいたい、私、若気の過ちを通過していない人間を信用しない性質なんで。〉──これは女性セブン連載「日々甘露苦露」をまとめた山田詠美さんの最新エッセイ集『吉祥寺デイズ うまうま食べもの・うしうしゴシップ』の一節(「恋の至極はスキャンダル」より)。

 4月4日、朝日新聞の看板連載「折々のことば」で、冒頭の言葉が取り上げられた。これは、哲学者の鷲田清一さんがさまざまなジャンルから心に響いた言葉を掬い取るもので、鷲田さんはこの言葉について、こんな思索をめぐらせた。

〈背伸び、分不相応、勘違いこそ若い時の特権だ。その抵抗はもちろん過ちと紙一重。だが、バランスを崩してでも体を張るという経験をしたことがない人は、いざという時、身をすぼめるだけ〉

 それは恋愛においてもまた然り。ベッキーと「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音の一件以来、続発した不倫スキャンダルを糾弾する風潮について、詠美さんは同じ一編で、こう疑問を呈している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >