2018/04/13 16:00

新人漫画賞を審査する現役スター漫画家たちの白熱議論

「第1回次世代マンガ大賞」の審査委員会で議論を交わす現役スター漫画家たち
「第1回次世代マンガ大賞」の審査委員会で議論を交わす現役スター漫画家たち

 新人漫画賞の審査委員会ではどのような議論が行われているのだろうか。漫画誌『ビッグコミックスペリオール』が主催した「第1回次世代マンガ大賞」が、4月13日発売の同誌(4月27日号)誌上で発表された。今回の賞は、定例の新人賞とは異なり、現役スター漫画家たちが審査員となり、大賞賞金は300万円という大規模な賞となった。

 審査員として名を連ねたのは、浅野いにお氏、奥浩哉氏、押見修造氏、花沢健吾氏、柳本光晴氏ら、5人の現役スター漫画家たちと、同誌編集長の菊池一氏。粒ぞろいの新人の力作を前に白熱した審査委員会の様子を、ここに再録しよう。

 * * *
菊池:今回の次世代マンガ大賞は、「スペリオール」が創刊30周年を迎え、残念ながら新人があまり育っていないという反省点に立ち、いまさらですが育てていきたいというものです。新人は、基本的には時間をかけて育てていくものなので、一発の賞でどうこうと考えているわけではないですが、第1回ということで、一流の方々に審査していただくことで、今後に繋げていきたいと思っています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >