2018/04/16 07:00

命に関わる痛みの伝え方 効果的な“ズーン”等の擬態語使用

痛みは擬態語で説明すると良い
痛みは擬態語で説明すると良い

「最近、肩が痛くて腕を上げられなくて」
「腰が悪くて長く座っていられない」

 同年代同士の会話が体の痛みの報告会になっている──そんな経験はないだろうか。

 人は年齢を重ね、体を酷使することで体の様々な場所に「痛み」を覚えるようになる。慢性的な痛みとどう向き合っていくかは、老後の健康を考える上で大きなテーマといえる。

 大分大学医学部の服部政治・助手(2006年当時)が著わした論文によれば、65~74歳の18.4%が体のどこかに慢性的な痛みを感じており、75歳以上になると36.7%にはね上がるという。これはあくまで医師にかかった患者への調査から導き出された数字であり、潜在的にはもっと多くの中高年が「痛み」に悩んでいると考えられる。

 だが、「歳だから仕方ない」と痛みを放置していると、取り返しがつかなくなるケースは少なくない。かわたペインクリニック院長・河田圭司医師の指摘。

「『痛み』は、加齢によるものばかりとは限らない。重篤な病の初期症状である可能性も十分に考えられます。そのため、些細な痛みであっても医師の診療を受けることをためらってはいけません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >