2018/04/24 07:00

腰から下にビンビンという痛み 脊柱管狭窄症の可能性も

足の痛みは重大な病気の予兆かも
足の痛みは重大な病気の予兆かも

 少し歩くと、ふくらはぎが“キュッ”と締め付けられるように痛み、休まなければならなくなる──いわゆる「こむら返り」と同様の症状に感じられるが、動脈硬化の一種である閉塞性動脈硬化症のサインかもしれない。清水整形外科クリニックの清水伸一医師がいう。

「人によっては500メートル程度歩いただけでも痛むことがある。休むと痛みはすぐ取れるので“体力が落ちただけだろう”と対処が遅れるケースが多いのですが、閉塞性動脈硬化症によって、下半身に十分な血流が巡っていないことが考えられる」

 放置すると痛みは強くなり、慢性的に“ギリギリ”と足が痛んで歩けなくなる間欠性跛行(かんけつせいはこう)に発展する。

「間欠性跛行の痛みも休めば和らいでしまうため、無理をすれば日常生活程度ならこなせてしまう。そのため、我慢強い人だとさらに動脈硬化が進行し、かかとやくるぶしが壊疽を起こして、最悪の場合は足の切断を余儀なくされる」(同前)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >