2018/04/23 16:00

野末陳平氏が「最後のお説教」をお願いしたい99歳の恩人とは

かつて「税金党」の党首を務めた
かつて「税金党」の党首を務めた

「最後のお別れ」となる弔辞を読み上げるのは、自分のことを本当によくわかってくれている人であってほしい──歳を重ねると、ふとそんな思いに駆られることがある。そこで本誌・週刊ポストが、各界著名人に「弔辞を読んでほしいのは誰か」と聞いてみた。

 テレビコメンテーターや放送作家として芸能界で60年以上活躍し、「税金党」の党首などを務め政界に24年間身を置いた野末陳平氏(86)は、幅広い交友の中から、誰の顔を思い浮かべるのか──。

 * * *
 本当は、お互いに「晩年の親友」と認め合っていた立川談志に読んでほしかったけど、彼には先立たれてしまったからね(2011年没)。

 そう考えると、現実的には、20年も僕の秘書を務めてくれた海江田万里クン(69、立憲民主党最高顧問)だろう。僕には家族がいないから、葬儀や偲ぶ会の手配、マスコミにどう伝えるかといった死後の相談を4~5年前からしています。

 ただ、身の程知らずの願望を言うなら、中曽根(康弘、99)さんにお願いしたい。中曽根さんには相当お世話になったと思っています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >