2018/04/29 16:00

1964年、新幹線一番列車の運転手が明かす山手線に抜かれた訳

一番列車の運転士・大石和太郎さん(撮影/河野公俊)
一番列車の運転士・大石和太郎さん(撮影/河野公俊)

「夢の超特急」と呼ばれた新幹線誕生からすでに半世紀以上が経過。北海道から九州まで、新幹線網は3000キロにも及んでいるが、1964年10月1日、東海道新幹線の一番列車を運転士したのが大石和太郎氏(85)だ。“初めて新幹線を動かした男”が振り返る。

 * * *
 昔から汽車や電車が大好きで、1952年に中途で国鉄の採用試験を受けました。結果は合格。でも縁故がないから採用できないと言われ、東京鉄道管理局人事課と大喧嘩しました。これで国鉄入社は無理だと思ったけれど、何故か採用となりました。

 最初は湘南電車の運転士になれと勧められましたが、昔から好きだった蒸気機関車を運転したいと願い出て、大宮の機関区に配属してもらいました。汚れる仕事なので当時は皆嫌がっていたのですが、自分は嬉しくて泊まり込んで仕事を続けました。結果、よく働くと評価され、最終的には田町電車区の特急運転士(注・当時の国鉄のエリート)になることができました。新幹線計画を知ったのはちょうどその頃。1958年でした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >