2018/05/12 16:00

【与那原恵氏書評】ジェンダーから読み解く写真表現史

『ジェンダー写真論 1991-2017』/笠原美智子・著
『ジェンダー写真論 1991-2017』/笠原美智子・著

【書評】『ジェンダー写真論 1991-2017』/笠原美智子・著/里山社/2700円+税

【評者】与那原恵(ノンフィクションライター)

 写真とは、「生」の痕跡である。写真家がシャッターを切った瞬間から時が止まるように思えるけれど、写真そのものはその後も長い時間を生き、呼吸し、見るものたちと呼応してゆく。

 本書は、写真を「ジェンダー」(社会的・文化的に形成された性)「セクシュアリティ」の視座から、主に写真表現の歴史を読み解いた。著者の思索と投げかけるさまざまな問いに触発されるのは、ごく当たり前のこととして受け取っていた事柄の中に、私たちが見過ごしている「社会」のありようにも目を開かせてくれるからである。

 多くの「女性写真家」たちが活躍する現在、著者がジェンダーをテーマにするのはなぜなのか。もっとも、「男性写真家」という呼称が存在しないことを考えれば、このテーマが重要なことに気づく。

 著者は日本の大学で社会学を、アメリカの大学院で写真を学んで一九八七年に帰国した。その前年に男女雇用機会均等法が施行された日本だが、美術館においてはフェミニズム、ジェンダーの視点が欠落していることを実感した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >