2018/05/05 16:00

「港区おじさん」より「埼玉おじさん」 前向き解釈が得意

埼玉おじさんはストライクゾーンも広い(写真:アフロ)
埼玉おじさんはストライクゾーンも広い(写真:アフロ)

「港区」にはある種の魔力がある。だが、自分を見失うべきではない。大人力を追求するコラムニスト・石原壮一郎氏が指摘する。

 * * *
 何となくいけ好かない「港区女子」とともに、というかセットで話題を呼んでいるのが「港区おじさん」です。カネにものを言わせたその独特の生態には、驚きと半笑いを禁じ得ません。提唱している大元である『東京カレンダー』のWEBサイトでは、港区おじさんをこう定義しています。

〈港区女子は、それ単体では存在し得ない。彼女たちの影には、太陽と月の如く、欠かせない相手がいる。-港区女子を生み出しているのは一体誰なのか その正体は、“ありあまる富”を持つ、港区おじさん。〉

 港区おじさんの生態を描いたシリーズ動画「一分港区おじさん」は、毎週更新中で大人気。見始めると続けて見てしまって、そのマヌケさに笑ったり時には不覚にも泣いたりしてしまいます。そのうちだんだん、港区女子や港区おじさんが好きになってしまいそうになるのが、動画の怖いところ。自分を見失わないように気を付けましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >